▲ 先頭に戻る

HP2C 製品ソリューション
製品紹介と製品仕様をまとめたフリップブックです。
お見積依頼フォーム
製品やサービスのお見積もりなどお気軽にご相談ください。 お気軽にお問い合わせください。

製品ニュースレター
新製品情報や製品の特徴などを製品ニュースとしてPDF形式で配布しています。
製品リーフレット
各製品の特長などを掲載した製品リーフレットのご紹介です。
販売プログラム
製品のご導入に際してご利用いただけるプログラムと製品販売に関する情報をご提供しております。
掲載資料に関して

ここに掲載した資料は弊社の調査と見解に基くものです。 これらの資料の無断での引用、転載を禁じます。

資料の中で示されている製品やサービスを提供している各社の公式な見解でも、また、マーケティング戦略に基くものではありません。 あくまで、弊社としての意見だということにご注意ください。

社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。なお、本文中では、特に® 、TMマークは明記しておりません。

なお、掲載資料についてはその資料を公開した時点での製品仕様や技術情報に基づいたものであり、現時点では内容等に問題がある場合もありますが、最初に掲載した資料をそのまま掲載しています。資料として参照される場合にはこの点についてご注意ください。 資料は全てPDFファイル形式となっています。資料に記載した 【MB】はPDFファイルのサイズです。

掲載されるコンテンツ(文書や画像など)は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ダウンロードについて


一部の資料については、弊社のコンサルティングサービスとして、有料で公開しております。

アクセスに関して、登録されたユーザの方にのみ限定し、ユーザIDとパスワードがアクセスに必要な資料もあります。これらの資料などにご興味のある方は、お問い合わせフォームをご利用ください。

の表示のある資料のダウンロードには、IDとパスワードが必要です。IDとパスワードは、リクエストフォームをご利用ください。


ホームページ > コンサルテーション > テクノロジーコンサルテーション > 技術レポート及びマーケティング調査レポート
▼ 掲載レポート一覧

  • マイクロプロセッサと並列処理 ~ 期待と現実の狭間で考えること ~
  • ハイエンド仮想化/vSMP Foundation 概要
  • マルチスレッドプログラミング
  • TOP500におけるプロセッサ動向の分析
  • HPCマーケットの動向とHPCプラットフォームの課題
  • OpenMPプログラムの高速化手法
  • High Density HPC Solutions
  • Nehalem 新マイクロアーキテクチャ
  • Barcelona vs Penryn
  • Low Cost / High Performance クラスタ
  • HPCシステムの新たな可能性/パーソナルクラスタの考察
  • Cluster OpenMPのご紹介
  • QUADコアプロセッサ性能評価
  • SC06 HP2C レポート
  • Intel Developer Forum (IDF) Fall 2006
  • ハイパフォーマンス|パーソナルクラスタ
  • MCAEシュミレーションとHPC クラスタについて
  • コンピュータプラットフォームでの並列処理の新たな展開と挑戦
  • サーバプラットフォームの性能とその価値
  • インテルの次期マイクロプロセッサについて
  • インテルCore マイクロアーキテクチャ
  • Intel Developer Forum レポート
  • ITインフラにおける並列処理の新たな展開
  • HighPerformance Computing / 過去と現在、そして未来へ
  • SC|05 レポート
  • 自動車メーカーにおけるCAEシステムの利用状況に関する調査レポート

  • マイクロプロセッサと並列処理
    ~期待と現実の狭間で考えること~


    この資料は、2009年10月2日(金) に開催された「インテルソフトウエア・カンファレンス」での講演資料です。
     
    ITインフラに対する厳しい要求に対して、コンピュータ自身も大きく変わりました。その中心となっているのが、マイクロプロセッサの64ビット 化と“マルチコア化” です。これらの64ビット化されたマルチコアプロセッサを採用したサーバ、ノート/デスクトップが市場に投入され、計算機を含むITインフラは> 大きな変革の時を迎えました。このようなITインフラの変化に対応することが現在求められています。ここでは、過去5年間のマイクロプロセッ> サの動向と今後について、並列処理とソフトウエアという観点から一度、見直してみたいと思います。 ダウンロード 【5.3MB】

    ▼ マーケット動向レポート

    TOP500 におけるプロセッサ動向の分析
     
    年間2回発表されるTOP500のリストは、その功罪が議論されていますが、継続的に一定の記述でシステムの性能を評価しているため、実際のマーケットでのHPCシステムの導入動向を評価するには最適な指標となっています。
    »
    ダウンロード【1.13MB】 

    HPCマーケットの動向とHPCプラットフォームの課題

    この資料は、スケーラブルシステムズが提供している「HPCシステムの課題と挑戦」という資料の最新版であり、マーケットの動向などの最新情報を含んでの資料となっています。
    »
    資料ダウンロード【2.7MB】

    High Performance Computing  過去と現在、そして未来へ
    このプレゼンテーションでは、High Performance Computingの歴史を振り返りながら、今後の技術動向も含めて、HPCシステムについて、説明しています。この資料は、公開されている情報をベースにまとめた資料で、配布可能な資料となっています。 » ダウンロード

    ▼ マイクロプロセッサ関連レポート

    Nehalem 新マイクロアーキテクチャ
    » ダウンロード【2.6MB】

    Barcelona vs Penryn :AMDの新しいプロセッサとインテルの製造プロセス
    製品とマーケットシェアでの競合

    内容
    ■ マイクロプロセッサへの要求
    ■ インテルコアマイクロアーキテクチャ
    ■ AMDプロセッサの現状
    ■ インテルとAMDプロセッサの今後
       ● AMD 「Barcelona」(コード名)
       ● インテル「Penryn」(コード名)
       ● インテル「Nehalem 」(コード名)
    ■ 将来動向とまとめ

    » ダウンロード 【2.39MB】

    QUADコアプロセッサ性能評価
    インテルの最新のクアッドプロセッサCore 2 Extreme QX6700の性能評価レポートです。Core 2 DuoやXeonプロセッサとの比較も行っています。 » ダウンロード【1,043KB】

    サーバプラットフォームの性能とその価値
    このインテルの次期マイクロプロセッサを搭載したサーバプラットフォームに関する性能データをまとめた資料も作成しています。この資料については、直接、弊社にお尋ねください。

    関連資料:

    インテルのフロントサイド・バス・アーキテクチャーに関する比較分析 【689KB】


    インテルの次期マイクロプロセッサについて
    インテル社のホームページに掲載された、アナリスト向けカンファレンスや株主総会の資料など には、これらのインテルの課題とインテルとしてのその克服のための方策などが示されています。 ここでは、これらの資料を独自に検討し、考察を加えたものです。 また、最近、インテルが公表した次期マイクロプロセッサ - Woodcrest - の性能データやこのマイクロプロセッサに関するメディアの評価レポートなどを参考に、 このマイクロプロセッサに関する考察を行っています。
    • Part 1: インテルマイクロプロセッサの動向 【1,355KB】
    • Part 2: サーバプロセッサの性能について 【1,126KB】

    今回のCoreマイクロアーキテクチャによるマイクロプロセッサの製品化では、同一アーキテクチャによるプロセッサコアを利用し、ハイエンドシステムからモバイルまでカバーすることを可能とし、同時に従来の製品よりも優れたエネルギー効率と実行性能の実現を目指したものであり、これからのインテルのプロセッサロードマップの起点としてのマイクロプロセッサとして、Woodcrestを考える必要があるということをこれらのレポートでは示しています。 » 登録ユーザ向けホームページで公開
    (ドキュメント資料 A4サイズ 31ページ)


     インテルCore マイクロアーキテクチャ
    10GHzを超える動作クロックを目指して開発されたNet Burstアーキテクチャは、市場が求めるプロセッサとしては、そのエネルギー効率の点で大きな壁にぶつかっていました。 ここ数年のインテルのマイクロプロセッサのロードマップの変更はある意味、市場が求めるマイクロプロセッサを模索してきた結果でるともいえます。 インテルが今回発表した新しいマイクロアーキテクチャは現在のモバイル用プロセッサである Pentium Mプロセッサ以上のエネルギー効率を示し、同時に従来の全てのX86チップを上回る性能の実現を目指したものです。このマイクロアーキテクチャについて、 HPCワークロードに対するソリューションとして、ここでその利点をまとめてみます。» 資料ダウンロード 【1.2MB(Whitepaper資料 A4サイズ 12ページ)

    ▼ 並列処理全般&並列プログラミング
    マルチスレッドプログラミング
     
    マイクロプロセッサのマルチコア化の波は、確実にITインフラの中に浸透しています。このようなマルチコアプロセッサ上でのアプリケーションの実行性能の向上を実現するためには、マルチスレッドプログラミングは必須です。この資料では、今後のマイクロプロセッサの動向予測と共に、アプリケーションのより高速な実行を実現するために必要な「並列処理」について解説したものです。
    » ダウンロード 【3.0MB】

    OpenMPプログラムの高速化手法
    OpenMP性能解析ツール ompP の利用について
     
    ompPは、研究プロジェクトから開発されたOpenMPプログラムの性能解析ツールであり、非常にシンプルなコマンドでプログラムの実行状況の解析が可能です。

    このレポートでは、OpenMPプログラムの最適化に関して、このツールを利用した解析結果を示しながら、その紹介を行っています。

    » 資料ダウンロード 【697KB】


    Cluster OpenMPのご紹介
    Cluster OpenMP では、通常のクラスタシステムにHW の変更を加えることなく、ソフトウェアによって分散共有メモリのサブシステムを構築し、クラスタ全体を一つの共有メモリのシステムとして、OpenMP を同様の共有メモリとしてのプログラミングを可能とします。ここでは、プログラム開発のワークフローの課題も含めて、この新しい技術について解説しています。
    » ダウンロード
    【1,604KB】

    ITインフラにおける並列処理の新たな展開商用プロセッサの64 ビット化とマルチコア化は、Pentium プロセッサが市場に登場して以来の大きな変化を市場にもたらします。多くのIT アナリストが、このマルチコアは大きなインパクトを市場にもたらすと言っています。ただ、同時に、このマルチコア化の利点とその能力を十分に引き出すには、多くの点でのその移行のための支援が必要であることは明らかです。この資料では、マイクロプロセッサのマルチコア化についての考察とマルチスレッドの有効活用に関しての概要を示しています。» 資料ダウンロード 【PDF 1.1MB
    (Whitepaper資料 A4サイズ 13ページ)

    関連資料:
    インテル コンパラ OpenMP入門、デュアルコア/マルチコア対応アプリケーション開発  【869KB】


    コンピュータプラットフォームでの並列処理の新たな展開と挑戦
    パイプライン化やスーパースカラ命令といった従来のテクノロジーだけでは、市場が要求する機能と性能を実現することが困難になっており、 マイクロプロセッサには、命令レベルの並列実行での性能向上の限界を打破するために、より深いパイプライン化とスーパースカラ命令の強化という技術革新に加えて、 ベクトル化やマルチスレッド・プログラミングといった新しいレベルの並列性の利用を可能とする様々な技術が投入されています。 この資料では、これらの並列処理技術の最新動向について、解説を行っています。
    » 資料ダウンロード 【2.1MB

    ▼ イベントレポート

    Intel Developer Forum (IDF) Fall 2006
    インテル社が主催する開発者向け会議「Intel Developer Forum (IDF) fall 2006」についてのメモです。IDFについては、既に、詳細なレポートがWEBニュースとして、公開されており、その中で、この会議で紹介された技術や最新のロードマップなどが紹介されています。(キーノートの詳細などもWEBで配信、その他、様々な解説記事がWEB上にあります)弊社のメモはその補足的な内容となっています。» 概要詳細

    米IntelのStephen Pawlowski氏(シニアフェロー,デジタル・エンタープライズ・グループCTO,ジェネラル・マネジャ)によるHPCに関する基調講演については、特別レポートを作成しています。» ダウンロード 【620KB】


    Intel Developer Forum レポート
    米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催され た米Intel Corp.が主催する開発者向け会議「Intel Developer Forum Spring 2006(IDF)」では、 同社の次世代マイクロアーキテクチャ 「Intel Coreマイクロアーキテクチャ」を発表しました。 このマイクロアーキテクチャは、エネルギーの効率化を図りながら、より高性能なマイクロプロセッサを実現するために開発されたものであり、 このマイクロアーキテクチャに基づくマイクロプロセッサ製品も順次製品化されることになります。 このレポートでは、この新しいマイクロアーキテクチャの「HPC」における活用に関して、考察したレポートとなっています。 » 登録ユーザ向けホームページで公開
    (プレゼンテーション資料 A4サイズ 60ページ)

    SC06 HP2C レポート
    米国フロリダ州タンパで開催されているハイパフォーマンスコンピューティング、ネットワーキングおよびストレージ関連技術のための年次会議である「Supercomputing 2006」の話題をインテルの技術動向をメインで簡単に紹介したものです。
    » レポート 【HTML形式】 ダウンロード【768KB】

    SC|05 レポート  
    米国ワシントン州シアトルで開催されたハイパフォーマンス コンピューティング、ネットワーキングおよびストレージ関連技術のための年次会議である「Supercomputing 2005」に関するレポートです。今年は、マイクロソフトの会長兼チーフ ソフトウェアアーキテクトであるビル ゲイツ氏の基調講演などもあり、 今後のHPCの動向を知るうえでも有意義な会議でした。
    » 概要詳細
    (プレゼンテーション資料 A4サイズ 87ページ)
    ▼ クラスタシステム技術動向&その他
    High Density HPC Solutions
    多くのHPCサイトで問題になっている消費電力とシステムの冷却の問題を含めて、ITインフラとしての高密度実装が可能なHPCプラットフォームについて、その性能も含めて検討した資料です。 HPCプラットフォームは、単に高密度実装が可能なだけでなく、性能も非常に重要になりますが、性能に関する情報も含めて、これらのプラットフォームの動向を示しています。
    »
    資料ダウンロード
    【3.4MB】 » 技術動向レポート 【リンク】

    Low Cost / High Performance クラスタ
    マルチソケット構成のシステムの場合、MCH が処理を行うデータ量が多くなり、それらデータ処理がボトルネックになる可能性が高いことも事実です。シングルソケットでは、プロセッサとメモリをより密に接続することを可能とします。 ハイパフォーマンスを要求されるMCAEシュミレーションで利用されるアプリケーションは、MPIでの並列化が進んでおり、このようなアプリケーションは、このようなシングルソケットの プラットフォームでの高い性能が期待されます。 このレポートでは、最近、スケーラブルシステムズ株式会社が実施したベンチマークの結果を紹介し、このようなシングルソケットのプラットフォームの可能性を考えます。 » ダウンロード 【198KB】

    HPCシステムの新たな可能性 パーソナルクラスタの考察
    マイクロプロセッサのマルチコア化によって、HPCシステムの構築も変化してき ます。また、プロセッサの省電力化が進み、より高密度な実装が可能となってい ます。このような状況で、HPCシステムもよりコンパクトで、より使いやすいも のが求められています。 このようなHPCシステムに対する要求に対して、パーソナルクラスタと呼ぶシス テムに注目し、開発の背景やその利用方法、HPCの新しい可能性に関して考察を 行った資料です。 » ダウンロード 【 20MB】

    2007年1月18日(木曜日)に開催される Windows HPCコンソーシアム
    第1回セミナー「PCクラスタの新潮流:パーソナルクラスタ」での講演資料です。 


    ハイパフォーマンス|パーソナルクラスタ
    マイクロプロセッサのマルチコア化によって、HPCシステムの構築も変化してきます。 また、プロセッサの省電力化が進み、より高密度な実装が可能となっています。 このような状況で、HPCシステムもよりコンパクトで、より使いやすいものが求められています。また、HPCシステムとして要求されるシステムの仕様が、 大きく二極分化し、その双方を一つのシステム・アーキテクチャで実現するのは、技術的には可能でも、その経済性や生産性の点でも問題があります。基盤技術や ITインフラに関して、その共通化を図りながら、その二極分化したHPCシステムへの対応を図る必要があります。  このような状況に最適なシステムとして、「パーソナルクラスタ」というコンセプトのクラスタシステムを今回ご紹介いたします。
    » ダウンロード 【4.2MB】2006.10.10改訂


    MCAEシュミレーションとHPC クラスタについて 
    現在、サーバシステムは次世代インフラへの進化が進んでいます。64 ビット、マ ルチコア、仮想化、省電力技術といった「テクノロジー」市場に投入されるなかで 個々の技術についてではなく、システムとしての次世代インフラを考える必要が あります。HPC クラスタシステムの構築では、ある意味、ユーザが抱える本質的な問題や課題を解決するためのIT インフラとして、HPCクラスタを考えると、標準化(COTS)されたコンポーネントでのシステム構築の価値は、今後一層大きくな り、それらをシステムとして、ユーザに提供することが今、求められています。
    » ダウンロード 【3.2MB】 改訂版 (Whitepaper資料 A4サイズ 15ページ)


    MCAE シュミレーションにおけるHPC クラスタの位置づけ
    現在、サーバシステムは次世代インフラへの進化が進んでいます。64 ビット、マ ルチコア、仮想化、省電力技術といった「テクノロジー」市場に投入されるなかで 個々の技術についてではなく、システムとしての次世代インフラを考える必要が あります。HPC クラスタシステムの構築では、ある意味、ユーザが抱える本質的な問題や課題を解決するためのIT インフラとして、HPCクラスタを考えると、標準化(COTS)されたコンポーネントでのシステム構築の価値は、今後一層大きくな り、それらをシステムとして、ユーザに提供することが今、求められています。» ダウンロード2.4MB
    (Whitepaper資料 A4サイズ 15ページ)


    自動車メーカーにおけるCAEシステムの利用状況に関する調査レポート
    SGIのChristian Tanasescu氏がまとめている'TOP20 Auto - Survey of HPC Installations in the Automotive Industry'という資料は、自動車メーカーが導入しているHPCシステムの動向についての調査資料としては、非常に有用な資料です。このレポートで は、このTop20Autoについての解説を行っています。 » 概要詳細


    目次
    1.はじめに
    2.TOP20 Autoとは?
    3.Top20Auto - 2005年度上半期レポート
    4.Top20Auto 解説.
    5.まとめとして.
    6.補足資料) 
    各社のマーケティング活動についてのメモ
    (A4サイズ 27ページ)

    Copyright© 2005-2021 Scalable Systems Co., Ltd. All rights reserved.