PanasasがVDURAとなり、AIとHPCデータストレージのルールを書き換える

ストーリーハイライト

  • Panasasはソフトウェア企業への移行に伴いVDURAになる
  • VDURAは今年後半に大規模なパブリッククラウドとの提携計画を発表
  • VDURAの新モデルは、先駆的な並列NAS技術を基盤としている
  • 他のベンダーとは異なり、1つのシームレスなアーキテクチャ・プラットフォームで複数の種類のストレージメディアを利用するAIおよびHPCデータプラットフォームを提供するために、VDURAは現在独自の立場にある。
  • このユニークな統合データプラットフォームのアプローチにより、オンプレミスからパブリッククラウド、ハイブリッドクラウドまで、あらゆる環境において比類のないシンプルさ、選択肢、コスト削減を顧客に提供します。

VDURAの紹介:速度と耐久性の融合
AIとHPCデータ基盤の新時代へようこそ。VDU・データ・プラットフォームは、規模に応じたデータ保存と管理のルールを塗り替え、妥協することなく、比類のない信頼性、スピード、コスト効率を実現します。

新しい名前、新しいモデル、
新しい可能性

Panasas®としてのルーツからVDURAへの進化に至るまで、当社のソフトウェアは高性能データストレージと管理における信頼性、可用性、簡便性の金字塔を打ち立ててきました。現在、柔軟なSaaS(Software as a Service)モデルで運用されているVDUは、その強固な基盤の上に構築され、クラス最高の性能、耐久性、使いやすさを優れた経済性で提供するAIおよびHPCデータプラットフォームを提供します。