▲ 先頭に戻る


vSMP Foundation概要
製品紹介と技術解説のフリップブックです。
ダウンロード【5.5MB】

vSMP Foundation概要
サーバ仮想化技術であるScaleMP社のvSMP Foundationの製品概要のご紹介です。
製品仕様(機能)一覧
製品仕様と機能一覧を紹介しています。各製品の価格(ライセンス費用)については、弊社にお問合せください。
資料ダウンロード
プレゼンテーション/データシート/技術解説書などのダウンロードが可能です。
ソリューション
vSMP Foundationを活用したソリューションに関する情報を公開しています。
vSMP Foundation FAQ
製品に関するよくある質問とその回答集です。
導入&サポートサービス
vSMP Foundationの導入とサポートに関してのご説明資料を掲載しています。
サポートハードウエア情報
このページに掲載されていないハードウエアでの対応については、弊社に お問合せください。
アプリケーション
vSMP Foundation でのアプリケーションの稼働実績などを公開しています。 ScaleMP社ホームページもご参照ください。
製品・ソリューションビデオ
製品情報やソリューションをビデオ映像で紹介します。
映像は別ウィンドウで再生されます。

vSMP Foundation の全てを150秒で紹介



ScaleMPとビッグデータ解析
  


トップページ > ソフトウエア > スケーラブルサーバ仮想化ソフトウエア
スケーラブルシステムズ株式会社は、複数の物理的なサーバをひとつの論理サーバとして利用可能とするサーバ仮想化技術であるScaleMP社のVersatile SMP (vSMP) アーキテクチャをブレードサーバやラックマウントサーバに実装するvSMP Foundation をサポートしています。従来のSMP(共有メモリ並列サーバ)システムは独自プロセッサとチップセット、インターコネクトなどを必要としたのに対して、 Versatile SMPではクラスタシステムのコンポーネント上に実装可能で、通常のクラスタシステムを一つの大規模なSMPシステムとして構築し利用可能となります。

技術革新のスピードが加速している現在、コンピュータシステムの各コンポーネントは、18か月程度で世代交代がなされています。このペースに合わ せて、従 来のように専用プロセッサとチップセットインターコネクトを同時に開発するのは非常に困難になっています。ハイエンドシステムとして、常に最新技 術が利用 可能なSMPシステムを提供するのは従来のSMPシステム開発では限界があります。この限界を打ち破ることをvSMP Foundationは可能とします。 vSMP Foundationは、標準的なx86システムをソフトウエアによって統合し、シングルシステムによるハイエンド仮想化を実現しま す。この技術は、最大128ノード(16,384プロセッサコア、65,536GB共有メモリ)までの拡張性を持つシステムの構築を可能としま す。

vSMP Foundationは一般的なブレードサーバでも、ラックマウント型のサーバシステムでも利用可能です。インターコネクトとしては、現在、クラスタシステムのインターコネクトとして広く利用されているInfiniBandを利用します。従って、システムはクラスタシステムを構築する場合と同様のコストでの構築が可能です。

スケーラブルサーバ構築のための仮想化ソフトウエア

サーバ仮想化によるTCO削減
現在は様々な「仮想化」によるソリューションが紹介されています。サーバの仮想化、データセンターの仮想化、ストレージの仮想化などその用途は様々です。 サーバの仮想化では、1台のサーバーが所有するCPUやハードディスクなどの資源を見かけ上分割し、数台分のサーバーがあるものとして利用することが一般的な仮想化です。サーバーと見なされた各々を「仮想マシン」と言い、まるで独立したマシンのように、機能を果たします。このようなサーバ仮想化は、複数台のサーバを一台の物理サーバに集約することが出来るため、機材の活用率が上がるため、投資還元策として優れています。さらに、ITインフラストラクチャを構成する物理的なサーバ数が減らせ、その結果、維持費も減らせるため、TOC(総所有コスト)削減策としても有効です。

スケーラブルサーバ仮想化によるサーバ集約
実は、このサーバ仮想化が実現する「複数台のサーバを一台の物理サーバに集約する」という機能を別の形で実現する仮想化をサーバ上で利用することも可能です。この仮想化では、「複数台のサーバを1台の仮想サーバに集約する」ことが可能です。これは、一台のサーバの物理的な制約を仮想化によって解消し、必要な計算リソースをオンデマンドで提供することが可能なソリューションです。例えば、一般的なデュアルプロセッサ(DP)構成のサーバは、2プロセッサ、768GBのメモリ構成がそのハードウエア上の最大構成になるますが、この仮想化を適用することで、例えば、16プロセッサ、6TBのメモリ構成のサーバとして利用することも可能です。

ScaleMP vSMP Foundation
この仮想化は米国 ScaleMP社が開発したvSMP Foundationによって実現されます。vSMP Foundation はx86ベースのシステム上で利用可能なソフトウエアとして提供されます。このソフトウエアをサーバに導入することで、複数のサーバの集約が可能となります。

このような複数サーバを集約して、1台のサーバを構築するのは、どのような用途と利点があるのだろうかという疑問を持たれるかもしれません。現在の最新のサーバプラットフォームは、数十コアの物理演算プロセッシングユニットを搭載し、数テラバイトのメモリを搭載しています。しかし、常に計算機の限界を超える計算リソースを必要とするアプリケーションやデータ処理のニーズは存在します。また、ビッグデータのような必要とするデータのサイズを予測するのが難しいケースも存在します。

ScaleMP Versatile SMP (vSMP) 技術

このようなソフトウエアによるx86アーキテクチャの拡張として、ScaleMP社のVersatile SMP (vSMP) ではクラスタシステムのコンポーネント上に実装可能で、通常のクラスタシステムを一つの大規模なSMPシス テムとして構築し利用可能となります。 現在ではハードウエアコストは劇的に低下し、システムのTCOでは、運用管理やアプリケーションの開発・保守費用が、 その大きな比重を占めるようになっています。このような状況に対応するための新しい試みとして標準のクラスタシステムをSMPシステムとして利用可能とす る様々な提案があります。vSMP Foundationによるスケーラブルサーバ仮想化 技術は 非常にユニークな特徴と高い性能を提供することが可能なソリューションです。

ScaleMP社のVersatile SMP (vSMP) ではクラスタシステムのコンポーネント上に実装可能で、通常のクラスタシステムを一つの大規模なSMPシステムとして構築し利用可能となります。 現在ではハードウエアコストは劇的に低下し、システムのTCOでは、運用管理やアプリケーションの開発・保守費用が、 その大きな比重を占めるようになっています。このような状況に対応するための新しい試みとして標準のクラスタシステムをSMPシステムとして利用可能とする様々な提案があります。vSMP Foundationによるスケーラブルサーバ仮想化 技術は非常にユニークな特徴と高い性能を提供することが可能なソリューションです。

vSMP Foundationは、現在のサーバが抱える課題の1つである「メモリの搭載量の限界」に対してユニークなソリューションとなります。CPUの高性能化はに進んでいるものの、1台のサーバに搭載できるメモリ容量の伸びはこれに追いつけていません。サーバのワークロードや利用用途によっては、CPUのリソースよりもメモリリソースに対してより高い要求がある場合もあります。vSMP Foundation では、業界標準の計算機システムを利用して、CPUリソースと独立にメモリ容量を増やすことを可能としています。 より多くのプロセッサコアを共有メモリで利用出来る構成でも、CPUのリソースは増やさずにメモリ容量を増加させ、それぞれのリソース利用効率を向上させた"マシンバランス"に優れたサーバシステムの実現を可能としています。 メモリリソースについては、アプリケーションがオペレーティングシステムを利用できる限界を大幅に拡張することが可能です。スレッドを利用したアプリケーションが、より多くのプロセッサ・コアを利用できるようになります。 ストレージやI/Oデバイスもシームレスに拡張することが可能となります。
ソフトウエアによるスケーラブルSMPシステムの提案

従来型のSMPシステムの問題
従来のSMP(共有メモリ並列サーバ)システムは、ベンダーが独自にハードウエアやソフトウエアを開発し、ユーザに提供されていました。このため、標準の商用製品を利用したクラスタシステムと比較して、その開発コストと同時に製品の販売ボリュームなど問題などで、システムの価格は高いものとなり、単純なコストパフォーマンスの比較では、システムとして利用されるケースは必ずしも増えてきていません。

クラスタシステムの問題
一方、クラスタシステムは、基本的にはノードと呼ぶ計算機システムを複数接続したものになります。このノードとなる計算機システムとしては、インテル Xeonプロセッサなどに代表される商用プロセッサを1〜2プロセッサ搭載したブレードサーバやラックマウントサーバなどが利用されています。ノード間の接続方法は、一般的なネットワークを利用したものから、より高速のデータ転送が可能なインターコネクトを利用したもの、さらに、高い性能を実現するために、特別に開発されたハードウエアやソフトウエアを利用したものなど様々なものが利用されています。

これらのクラスタはコンポーネントの技術革新の恩恵を短期間で製品として活用することができるため広く利用されています。しかし、クラスタシステムではハードウエアコストは劇的に低下していますが、システムTCOでは、運用管理やアプリケーションの開発・保守費用が、その大きな比重を占めるようになっています。

ソフトウエアによるスケーラブルサーバシステムの提案
ソフトウエアによるx86アーキテクチャの拡張では、SMPシステムのもつ優れた管理と運用機能により、クラスタシステムでしばしば問題になる、 TCOに おける運用管理費用を大幅に削減すると同時に、クラスタ導入を躊躇する最も理由と言える、面倒な利用環境の問題を解消し、アプリケーション実行の ための最 適なプラットフォームとして、エンタープライズクラスのスケーラビリティと大規模な共有メモリ空間を提供することを可能とします。
FASTER、BETTER AT LOWER COSTを実現するHP2C製品ソリューション

アプリケーション実行のための最適なプラットフォームとクラスタシステムの様々な課題を解決を目指し、 「お客様の真のニーズを把握し、最適なシステムの提案、計画、開発、運用」のための製品ソリューションを提供します。
Copyright© 2005-2017 Scalable Systems Co., Ltd. All rights reserved.