▲ 先頭に戻る

HP2C 製品ソリューション
製品紹介と製品仕様をまとめたフリップブックです。
お見積依頼フォーム
製品やサービスのお見積もりなどお気軽にご相談ください。 お気軽にお問い合わせください。

製品ニュースレター
新製品情報や製品の特徴などを製品ニュースとしてPDF形式で配布しています。
製品リーフレット
各製品の特長などを掲載した製品リーフレットのご紹介です。
販売プログラム
製品のご導入に際してご利用いただけるプログラムと製品販売に関する情報をご提供しております。
プロセッサ製品情報
サーバ/ワークステーション製品の搭載プロセッサーの情報を紹介しています。

サーバ/ワークステーション
最新のプロセッサーとチップセット、マザーボードを利用したシステムをご紹介致します。

性能ベンチマーク
様々なベンチマーク結果とそれらをまとめた資料をご用意しています。

掲載情報について
販売製品の補足資料です。 個々のプロセッサーモデルの仕様の詳細は、 インテル製品仕様の情報源(ARK) もご参照ください。
サポート&サービス
製品保証とご提供サービスはお見積書に記載してご提案するか別途保守契約を締結します。

セットアップサービス
Linux または Windows のプリインストールもご要望に応じて対応します。

ソフトウェア開発環境
ソフトウェア開発製品の販売とソフトウエアに関するコンサルテーションやトレーニングなども提供します。

よくある質問と回答集
製品情報と製品ホームページ掲載情報に関して過去に寄せられた質問とその回答を、FAQとしてまとめました。
プロセッサ製品情報
サーバ/ワークステーション製品の搭載プロセッサーの情報を紹介しています。

サーバ/ワークステーション
最新のプロセッサーとチップセット、マザーボードを利用したシステムをご紹介致します。

性能ベンチマーク
様々なベンチマーク結果とそれらをまとめた資料をご用意しています。

掲載情報について
販売製品の補足資料です。 個々のプロセッサーモデルの仕様の詳細は、 インテル製品仕様の情報源(ARK) もご参照ください。
PDFダウンロード
各プロセッサのデータシートのダウンロードが可能です。
(社外リンク)


ホームページ > サーバ/ワークステーション製品 > 搭載プロセッサー情報 > インテル Core X プロセッサーシリーズ
▼ インテル Core X プロセッサーシリーズ - 製品仕様
インテル Core X プロセッサ 10000 シリーズ

コードネーム「Cascade Lake-X」で開発された新しい Core Xシリーズは、コア数は従来のSkylake-X/Skylake-Refreshと同じ最高18コア/36スレッドですが、「Turbo Boost Max Technology 3.0」のクロックは最高4.80GHz(Skylake-X/Skylake-X Refreshは最高4.50GHz)へと引き上げられました。 またメモリコントローラの改良で、メモリクロックはDDR4-2666からDDR4-2933に、最大容量は128GBから256GBに倍増しています。さらにPCI-Express3.0が44レーンから48レーンへと増加している他、AI処理向け機能「Intel DL Boost」(Intel Deep Learning Boost)や、2.5ギガビットLANコントローラIntel「i225」、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)コントローラIntel「Wi-Fi 6 AX200」などへの対応が新たに追加されています。 その他は大きな変更はなく、製造プロセスは14nm、ソケットはLGA2066、チップセットはIntel X299で、ブースト機能は「Intel Turbo Boost 2.0」と「Intel Turbo Boost Max Technology 3.0」をサポートしています。

プロセッサ番号 開発コードネーム ベースクロック ターボスピード
(全コア)
ターボブースト 2.0
(全コア)
ターボブースト 3.0
(1コア)
コア/スレッド L3
キャッシュ
メモリサポート メモリ
チャネル
TDP Socket (LGA)
i9-10980XE Cascade Lake-S 3.0GHz 3.8GHz 4.6GHz 4.8GHz 18/36 24.75MB DDR4-2933 4 165W 2066
i9-10940X Cascade Lake-S 3.3GHz 4.1GHz 4.6GHz 4.8GHz 14/28 19.25MB DDR4-2933 4 165W 2066
i9-10920X Cascade Lake-S 3.5GHz 4.3GHz 4.6GHz 4.8GHz 12/24 19.25MB DDR4-2933 4 165W 2066
i9-10900X Cascade Lake-S 3.7GHz 4.3GHz 4.5GHz 4.7GHz 10/20 19.25MB DDR4-2933 4 165W 2066


14nmプロセスで製造される「Comet Lake-S」の第10世代Coreプロセッサは、シングルコアでのパフォーマンスを重視して設計されています。 最上位モデルのとなるCore i9-10900Kは10コア・20スレッドで、最大5.3GHzの動作も可能です。対応ソケットはLGA 1200となっています。
第10世代Core i9はDDR4-2933のメモリ対応で、Intelのブースト技術であるTurbo Boost Max Technology 3.0をサポートしており、さらに、一部はIntel Thermal Velocity Boost(TVB)もサポートしています。TVBは、温度と電力に余裕がある状況であれば、単一/全コア動作時のクロック上限を超える動作も可能な機能です。

プロセッサ番号 開発コードネーム ベースクロック ターボブースト 2.0
(1コア)
ターボブースト 2.0
(全コア)
ターボブースト 3.0
(1コア)
TVB
(1コア)
TVB
(全コア)
コア/スレッド TDP 内蔵グラフィックス Socket (LGA)
i9-10900K Comet Lake-S 3.7GHz 5.1GHz 4.8GHz 5.2GHz 5.3GHz 4.9GHz 10/20 125W UHD 630 1200
i9-10900KF Comet Lake-S 3.7GHz 5.1GHz 4.8GHz 5.2GHz 5.3GHz 4.9GHz 10/20 125W - 1200
i9-10900 Comet Lake-S 2.8GHz 5.0GHz 4.5GHz 5.1GHz 5.2GHz 4.6GHz 10/20 65W UHD 630 1200
i9-10900 Comet Lake-S 2.8GHz 5.0GHz 4.5GHz 5.1GHz 5.2GHz 4.6GHz 10/20 65W - 1200
i9-10900T Comet Lake-S 1.9GHz 4.5GHz 3.7GHz 4.6GHz - - 10/20 35W UHD 630 1200
i7-10700K Comet Lake-S 3.8GHz 5.0GHz 4.7GHz 5.1GHz - - 8/16 125W UHD 630 1200
i7-10700KF Comet Lake-S 3.8GHz 5.0GHz 4.7GHz 5.1GHz - - 8/16 125W - 1200
i7-10700 Comet Lake-S 2.9GHz 4.7GHz 4.6GHz 4.8GHz - - 8/16 65W UHD 630 1200
i7-10700F Comet Lake-S 2.9GHz 4.7GHz 4.6GHz 4.8GHz - - 8/16 65W - 1200
i7-10700 Comet Lake-S 2.0GHz 4.4GHz 3.7GHz 4.5GHz - - 8/16 35W UHD 630 1200
個々のプロセッサーモデルの仕様の詳細は、 インテル 製品仕様の情報源(ARK) もご参照ください。
Intel Core X-series Processors


インテル Core X プロセッサ 9000 シリーズ
プロセッサ番号 開発
コードネーム
ベース
クロック
マックス
ターボ
クロック
コア/
スレッド
L3
キャッシュ
PCI
Express
レーン数
メモリ
サポート
メモリ
チャネル
TDP Socket (LGA)
i9-9980XE SkylakeーX
Refresh
3.0GHz 4.4GHz 18/36 24.75MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i9-9960X SkylakeーX
Refresh
3.1GHz 4.4GHz 16/32 22MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i9-9940X SkylakeーX
Refresh
3.3GHz 4.4GHz 14/28 19.25MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i9-9920X SkylakeーX
Refresh
3.5GHz 4.4GHz 12/24 19.25MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i9-9900X SkylakeーX
Refresh
3.5GHz 4.4GHz 10/20 19.25MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i9-9820X SkylakeーX
Refresh
3.3GHz 4.1GHz 10/20 19.25MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i7-9800X SkylakeーX
Refresh
3.8GHz 4.4GHz 8/16 16.50MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
個々のプロセッサーモデルの仕様の詳細は、 インテル 製品仕様の情報源(ARK) もご参照ください。
Intel Core X-series Processors

インテル Core X プロセッサ 7000 シリーズ
プロセッサ番号 開発
コードネーム
ベース
クロック
マックス
ターボ
クロック
コア/スレッド L3
キャッシュ
PCI
Express
レーン
メモリ
サポート
メモリ
チャネル
TDP Socket (LGA)
i9-7980XE SkylakeーX 2.6GHz 4.2GHz 18/36 24.75MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i9-7960X SkylakeーX 2.8GHz 4.2GHz 16/32 22MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i9-7940X SkylakeーX 3.1GHz 4.3GHz 14/28 19.25MB 44 DDR4-2666 4 165W 2066
i9-7920X SkylakeーX 2.9GHz 4.3GHz 12/24 16.5MB 44 DDR4-2666 4 140W 2066
i9-7900X SkylakeーX 3.3GHz 4.3GHz 10/20 13.75MB 44 DDR4-2666 4 140W 2066
i7-7820X SkylakeーX 3.6GHz 4.3GHz 8/16 11MB 28 DDR4-2666 4 140W 2066
i7-7800X SkylakeーX 3.5GHz 4.0GHz 6/12 8.25MB 28 DDR4-2400 4 140W 2066
i7-7740X Kaby LakeーX 4.3GHz 4.5GHz 4/8 8MB 16 DDR4-2666 2 112W 2066
i5-7640X Kaby LakeーX 4.0GHz 4.2GHz 4/4 6MB 16 DDR4-2666 2 112W 2066
個々のプロセッサーモデルの仕様の詳細は、 インテル 製品仕様の情報源(ARK) もご参照ください。
Intel Core X-series Processors

▼ インテル Core X プロセッサーシリーズ - 製品概要

インテル Core X シリーズは、Skylake-X と Kaby Lake-X という2つのプロセッサーから構成されるプロセッサーです。 Core X シリーズでは、データセンター向けプロセッサーにも匹敵する18コア/36スレッドまでの製品ラインを持ち、 従来インテルの3/5/7という3つのCoreプロセッサーに新たに9というモデルを追加しています。
このCore Xシリーズは、ハイエンドデスクトップ向けと位置付けられた製品となっています。 インテル Core X シリーズは、コア数、PCI Express のレイン数、メモリチャンネル数、TDPに応じて、 Kaby Lake-XとSkeylake-X の2つの製品モデルが用意されています。
最大18コア
最大32倍精度浮動小数点演算/ 1サイクル
2666MHz DDR4メモリ
最大8コア
最大16倍精度浮動小数点演算/ 1サイクル
2666MHz DDR4メモリ
インテル Core i9 プロセッサー エクストリーム・エディション
最高のパフォーマンスを提供
  • 最大のコア数(18コア、36スレッド)
  • 2.6GHz ベースクロック/4.4GHz ターボクロック 3.0
  • IO/メモリ(44 PCIe 3.0 レーン、4メモリチャンネル)
  • メモリ速度 (DDR4-2666 MHz)
  • 最大ピーク性能(Intel AVX-512 2 x FMAユニット)
  • インテルターボブーストとハイパースレッディング
インテル Core i9 プロセッサー
価格とパフォーマンスのバランスに優れたモデル
  • 最大のコア数(16コア、32スレッド)
  • IO/メモリ(44 PCIe 3.0 レーン、4メモリチャンネル)
  • 最速のメモリ速度 (DDR4-2666 MHz)
  • 最大ピーク性能(Intel AVX-512 2 FMAユニット)
  • インテルターボブーストとハイパースレッディング
インテル Core i7 プロセッサー
AVX-512 FMAユニットが一台で、動作メモリ速度が低い
  • 最大のコア数(8コア、16スレッド)
  • 最大IO/メモリ(28 PCIe 3.0 レーン、4メモリチャンネル)
  • 最大メモリ速度 (DDR4-2660 MHz)
  • 最大ピーク性能(Intel AVX-512 fused FMAユニット)
  • インテルターボブーストとハイパースレッディング
プロセッサー インテル Core X プロセッサーシリーズ インテル Core プロセッサー
開発コードネーム Skylake-X Kaby Lake-X Brodwell-E Haswell-E
製造プロセスルール 14nm 22nm
対応チップセット Intel X299 チップセット Intel X99 チップセット
対応ソケット> LGA2066 LGA 2011-v3
アンロック対応
インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 対応
(一部SKUは未対応)
非対応 対応
(一部SKUは未対応)
非対応
プロセッサー・コア数 18/16/14/12/10/8/6コア 4コア 10/8/6コア 8/6コア
インテル スマート・キャッシュ 最大24.75MB 最大8MB 最大25MB 20MB
PCI Express 3.0 レーンの最大数 最大44 16 最大40
対応メモリー (最高) DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2400 DDR4-2133
メモリーチャネル数 4 2 4 4
TDP 165/140W 112W 140W 140W
統合グラフィックス 非搭載 非搭載 非搭載 非搭載




▼ プロセッサコア構成について(LCC/HCC/XCC)

現在のインテルプロセッサーは LCCコアをベースにコア数の構成に応じてLCC、HCC、XCCと呼ぶ構成で提供されます。Broadwell-Eでは、10コアのLCCをベースとして2コアを無効化して8コアのプロセッサーを構成しています。
Skylake-X プロセッサーは、10コアのLCCをベースとして、12コア以上のHCC構成の製品ラインとなっています。


製品の位置づけとしては、Skylake-Xが上位で、Kaby Lake-Xが下位製品となっており、プロセッサーコアやPCI Express のレーン数に大きな違いがあります。 マイクロプロセッサーのアーキテクチャとしては、新しくAVX512 (512ビット長に拡張されたZMMレジスターを用いた新しい命令セット) に対応しているなど機能強化されています。Skykale-Xでの大きな変更として、キャッシュ階層の変更されています。 Broadwell-Eでは、各CPUコアあたりにL2キャッシュが256KB、CPUコアで共有されるラスト・レベル・キャッシュ(LLC:3次キャッシュ) が2.5MB搭載されていました。Skykale-Xでは、CPUコアのL2キャッシュが1MBに増やされ、コアあたりのLLCが1.375MBに減らされています。 キャッシュのバランスを共有−分散からプライベート-ローカルにシフトしています。 MLC構成でのより低い遅延時間でのキャッシュのヒット率の向上を図ることを目的としています。



▼ インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 拡張

インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、プロセッサーの最速コアを特定し、最も重要なワークロードをそのコアに割り当てることで、シングルスレッド・パフォーマンスを最適化します。インテルターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、インテル ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 の単なる後継ではなく、さらなる進化を遂げた強化版で最速コアの動作周波数を大幅に引き上げることで柔軟性をさらに高め、プロセッサーの能力を最大限に引き出します。
インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、ソフトウェアとハードウェアを組み合わせることで、シングルスレッド・パフォーマンスの向上が可能になります。 Broadwell-E世代で導入されたインテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0は、Skylake-Xでは、機能強化がなされています。 Broadwell-E世代では複数あるCPUコアから、一番オーバークロックできそうな1つのCPUコアを自動で判別し、 そのコアだけをオーバークロックしていましたが、Skylake-Xではそれに加えて、1つのコアだけでなく2つのコアを選んでオーバークロックすることが可能になりました。



【参考資料】インテル ターボ・ブースト クロック

▼ Basin Falls プラットフォーム

Skylake-X と Kaby Lake-Xは、新プラットフォーム(LGA2066とIntel X299からなるプラットフォームでBasin Fallssがプラットフォーム名) になります。Broadwell-Eで使われていたLGA2011-v3 (Socket R3) からピン数が増え、Broadwell-E、Haswell-E用のマザーボードとピン互換ではなくなっているため、マザーボードは、X299チップセット(Basin Falls) に対応したものが必要となります。



Intel X299は,インテル Core XシリーズとPCIe 3.0相当のインタフェースである「DMI 3.0」で接続する仕組みを採用し,チップセット側にある30本の高速I/Oレーンを使って,最大24レーンのPCIe 3.0や,最大8ポートのSerial ATA 6Gbps,最大10ポートのUSB 3.1/3.0をサポートすることが可能となっています。 OptaneメモリーやNVMeを使ったRAIDアレイの構築(Intel Rapid Storage Technology for PCI Express Storage)にも対応しています。
Skylake-XはクアッドチャンネルメモリーでPCI Express×28レーン以上なのに対し、Kaby Lake-XはデュアルチャンネルメモリーでPCI Express×16レーンのみという仕様の違いがあり、X299対応マザーボードでは、搭載するプロセッサーによって、利用できるメモリスロットやPCI Expressのスロットに違いが生じます。当然、利用できる帯域幅も異なります。



Broadwell-Eで使われていたLGA2011-v3 (Socket R3) からピン数が増えたLGA2066は、すべてのCore-Xシリーズプロセッサをサポートします。Skylake-XとKaby Lake-Xプロセッサの双方をサポートするため、これらのプロセッサでの高い互換性を提供します。

▼ オーバークロックに関する新機能




パフォーマンス・アップグレード・ツール

インテル エクストリーム・チューニング・ユーティリティー
インテル XTU は、Windows ベースのツールで、アンロック対応インテル Core プロセッサー・ファミリーのオーバークロックをサポートします。
インテルR エクストリーム・メモリー・プロファイル
インテル エクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル XMP) を使用して、互換性のある DDR3、DDR4 メモリーなどの RAM をオーバークロック出来ます。メモリーのパフォーマンスを向上させることも可能です。
▼ インテル Coer X プロセッサーの機能概要

  • 最大18のプロセッサーコア (4,6,8,10,12,14,16及び18コア)
  • 浮動小数点および整数命令性能の改善:
    • 新しいAVX-512命令の2倍のパフォーマンス
      (1つの VX-512 FMAユニットにつき1サイクルあたり最大16の倍精度浮動小数点演算)
    • CPUコアあたり最大2つのAVX-512 FMAユニット (CPU SKUに依存)
    • 「Haswell」と「Broadwell」で導入されたFMA3を使用して128ビットAVXと256ビットAVX2拡張ベクトル拡張をサポートしています。
    • メモリ容量とパフォーマンスの改善:
    • 最大2666MHzの DDR4メモリをサポート (4チャネルメモリコントローラ)
    • 最大 128GB (CPU SKUに依存)
  • CPUコアは"Uncore"メッシュ相互接続(従来はデュアルリング相互接続)
  • 最適化されたTurbo Boostプロファイルにより、多くのCPUコアが使用されている場合でも高い周波数が可能になります
  • Turbo Boostテクノロジは、プロセッサーのクロック速度を向上させることで、ピーク負荷時のパフォーマンスを向上させます。 インテル Xeonスケーラブル・プロセッサーでは、多くのコアが使用されている場合でもクロック速度がさらに高くなります。 実行されている命令の種類に応じて、ターボブーストのクロック速度は3段階に分けられます。
    • AVX-512モード :AVX-512 / FMA命令の高い要求により、AVX-512命令を実行している間にクロック速度が低下します*
    • AVXモード :AVX2 / FMA命令の電力要求がより高いため、AVX命令を実行している間はクロック速度がやや低下します*
    • 非AVXモード :AVX / AVX-512命令を実行していない間、プロセッサーは従来、「ストック」周波数と考えられる値で動作します
  • X299チップセット
    • PCHからCPUへのPCI-Express世代3.0 x4接続(以前の世代ではPCI-E gen 2.0を使用)
    • より統合されたSATA3 6Gbpsポートのサポート(最大8)
    • より統合されたUSB 3.0ポートのサポート(最大10個)
  • CPUコアマイクロアーキテクチャの強化:
    • より大きく、改善された分岐予測子、より高いスループットのデコーダ、より大きなアウトオブオーダーウィンドウ
    • 改善されたスケジューラと実行エンジン。 除算/SQRT演算でのスループットとレイテンシの改善
    • より多くのロード/ストア帯域幅、より深いロード/ストアバッファ、改良されたプリフェッチャ
    • 1つのコアあたり1つまたは2つのAVX-512 512ビットFMAユニット("Skylake-S"モデルの1つに比べて)
    • 以下のAVX-512命令タイプのサポート:
      VX512-F、AVX512-VL、AVX512-BW、AVX512-DQ、AVX512-CD
    • コア当たり1MBのL2キャッシュ(デスクトップ「Skylake」モデルでは256KB L2に比べて)
    • 以前の世代のBroadwell CPUと比較して、サイクルあたりの命令数(IPC)が平均10%向上しました
  • 再構築されたL2 / L3キャッシュ階層:
    • 各CPUコアには、1MBのL2プライベートキャッシュ(256KBから)
    • 各コアのプライベートL2はプライマリキャッシュとして動作します
    • 各CPUには、1.3MB / coreの共有L3キャッシュ(プライベートL2キャッシュのオーバーフロー時)
    • 共有L3キャッシュは非包含的(L2キャッシュのコピーを保持しない)
    • 1GBページ用の64エントリL2 TLBの拡大(16エントリまで)
  • ハイパースレッディングテクノロジにより、2つのスレッドがプロセッサーコアを「共有」して、リソース使用率を向上させることができます。

参照URL:
http://www.anandtech.com/print/11464/intel-announces-skylakex-bringing-18core-hcc-silicon-to-consumers-for-1999
http://www.anandtech.com/print/11461/intel-announces-basin-falls-the-new-highend-desktop-platform-and-x299-chipset
▼ 【参考資料】インテル Core プロセッサーの各世代での仕様比較

【参考資料】
インテル Core プロセッサーシリーズ
プロセッサー Core i7-6950X Core i7-6900K Core i7-6850K Core i7-5960X Core i7-5930K
開発コードネーム Brodwell-E Haswell-E
対応ソケット LGA 2011-v3
ベースクロック 3 GHz 3.20 GHz 3.60 GHz 3 GHz 3.5 GHz
アンロック対応
ターボクロック(最大) 3.50 GHz 3.70 GHz 3.80 GHz 3.50 GHz 3.70 GHz
コア/スレッド 10/20 8/16 6/12 8/16 6/12
L3キャッシュ 25 MB 20 MB 15 MB 20 MB 15 MB
PCI Expressレーン数 40 40 40 40 40
対応メモリー (最高) DDR4-2400 DDR4-2400 DDR4-2400 DDR4-2133 DDR4-2133
メモリーチャネル数 4 4 4 4 4
メモリー帯域 76.8 GB/s 76.8 GB/s 76.8 GB/s 68.3 GB/s 68.3 GB/s
TDP 140 W 140 W 140 W 140 W 140 W
Copyright© 2005-2021 Scalable Systems Co., Ltd. All rights reserved.