High Performance and  

  Productivity Computing  

Manage large, complex data sets, gain insights more quickly, accelerate product innovation, and drive engineering explorations that were never before possible.

INNOVATE

FASTER

BETTER

AT LOWER COST

  High Performance and  

  Productivity Computing  

  Products & Technology Consultation  

  by Scalable Systems Co., Ltd. 

Accelerating breakthrough ideas requires high performance and productivity systems. Scalable Systems addresses this requirement with our products.

Value Added Technology Distributor

We are thinking basis of high value-added products

is "a unique technology and innovation".

Value Added Technology Distributor

Offering a selection of turn-key solutions that demonstrate

key technological innovations designed specifically

to revolutionize the way businesses are run.

INNOVATE

FASTER

BETTER

AT LOWER COST

▲ 先頭に戻る

HP2C 製品ソリューション
製品紹介と製品仕様をまとめたフリップブックです。
ダウンロード【9.3MB】
製品ニュースレター
新製品情報や製品の特徴などを製品ニュースとしてPDF形式で配布しています。
製品広告・チラシ
各製品の特長などを掲載した製品広告とチラシのご紹介です。
販売プログラム
製品のご導入に際してご利用いただけるプログラムと製品販売に関する情報をご提供しております。
よくある質問と回答集
過去に寄せられた質問とその回答を、FAQ(Frequently Asked Questions)としてまとめました。
ホームページ検索
Googleによるインデックス検索をご利用ください。


  


トップページ > よくあるご質問(FAQ) > PanasasスケールアウトNAS
質問 Panasasと他社製品を比較した資料などはありますか?
回答 NFSやクラスタNAS、その他のパラレルファイルシステムとの比較を説明した資料をご用意しています。 これらの資料については、弊社にお尋ねください

質問 Panasasのストレージクラスタは、一般のストレージ製品と比較して、割高ではありませんか?
回答 Panasasは多くの分散したストレージを1つにまとめることで管理や将来の拡張を容易にすることができます。初期コストとランニングコストは競合に比べてかなり低く、このことがより良いTCOを実現します。また、Panasasは非常に高速なストレージシステムであり、価格性能比は非常に高いものになります。TCOとその性能を考えると、非常に投資効果の高いストレージです。

質問 Panasasを利用した場合の性能データなどはありますか?
回答 Panasas社ホームページ (http://www.panasas.com) では、性能データも公開しています。 また、Panasas社のホームページに掲載された性能データ以外にも、Pansasを導入したユーザの皆様がその性能を公開しています。 これらの資料については、弊社にお尋ねください

質問 Panasasの導入事例などありますか?
回答 Panasas社ホームページ (http://www.panasas.com) には事例集なども含めて、様々な分野での利用事例が紹介されています。スケーラブルシステムズでは、国内の導入先や利用事例については、非公開とさせていただいております。
PanasasスケールアウトNASアプライアンスのソリューションを紹介した資料やホームページでは、Panasasの利用事例なども紹介しています。

質問 Panasasを実際に導入されているお客様をご紹介いただだけますか?
回答 弊社では、ご導入いただいているお客様のお名前は公開しておりません。実際にPanasasをご導入いただいておりますのは、 大手製造業様、エネルギー関連企業様、大学研究機関などで、多くの導入実績が国内にあります。

質問 Panasasの価格表はありますか?
回答 価格表については弊社にお問い合わせください。
スケーラブルシステムズ株式会社では、お客様に最適なシステム提案を行うために、お客様のご要望をお聞きして、システム提案を行います。 そのため、オンラインでの見積りサービスや価格表のWEBへの掲載などは行っておりません。
Panasas ActiveStor スケールアウトNAS バンドル販売プログラム 」も利用可能です。構成限定での特別価格プログラムをご用意しております。 導入用途向けに最適な構成となっており、容量と性能の選択が可能です。 詳しくは、弊社にお問い合わせください。

質問 「PANASAS」の名前の由来を教えてください。
回答 Pittsburgh Advanced Network Attached Storage Appliance Softwareの略です。

質問 ストレージクラスタの導入時の事前準備は必要ですか?
回答 Panasasは非常に短時間でシステムの導入が可能なアプライアンスシステムです。また、システムの導入に際しては、 事前にPanasasにアクセスするクライアントのシステム環境を検証することで、クライアントで必要とするソフトウエアの準備が可能です。 詳しくは、Panasas導入サポートをご覧ください。

質問 Panasasのインターフェイスには、10GbEとGbEの双方がカタログなどに記載されていますが、 10GbEとGbEの双方のネットワークから接続可能ですか?
回答 Panasasのネットワークモジュールは、以下のインターフェイスを持ちます。 ネットワークモジュールは、各シェルフ(Panasasの基本増設単位)毎に2台が標準装備され、2台のネットワークモジュールは、アグリゲーションして2倍の帯域での通信が可能です。
  • 4ポート GbE
  • SFP+ 10 GbE
  • CX4 10 GbE
これらのインターフェイスでは、10GbEとGbEの双方を同時に利用することは出来ません。どちらからのインターフェイスのみが利用可能です。
10ギガビットネットワークへの接続では、SFP+ Copper (Twinanx)ケーブルやSFP+ オプティカルケーブルなどでの接続が可能です。 10GBASE-T SFP+カッパートランシーバを利用すれば、RJ45接続も可能です。

質問 Panasasでは、GbEや10GbEインターフェイスをサポートしていますが、 InfiniBandをインターコネクトとして利用しているクラスタシステムで、直接InfiniBandのファブリックにPanasasを接続することは可能ですか?
回答 スケーラブルシステムズでは、InfiniBandから10GbEインターフェイスに変換する専用のゲートウェイサーバ(IB Router)をご用意しています。 このルータを利用することで、InfiniBandを利用したクラスタシステムでのストレージクラスタを効率よく利用することが出来ます。 また、ゲートウェイスイッチなどを利用することでInfiniBandファブリックからのアクセスも可能です。

質問 Panasasのサポートサービスはどのようになりますか?
回答 PanasasスケールアウトNASアプライアンスのサービスは、スケーラブルシステムズとPanasas社が共同で提供します。

    Panasas社が提供するPanSelectサポートサービス
      エンタープライズレベルのサポートを提供し、各お客様の要求にあったレベルに合致するようにカスタマイズされています。
    スケーラブルシステムズのサービス
      このPanSelectサポートサービスがより効率良く機能するように、自社でPanasasスケールアウトNASアプライアンスのパーツを用意し、 また、社内での検証体制をご用意しています。
      詳細は、 Panasasサービスプログラムをご参照ください。

質問 Panasas ActiveStorのブレードの交換は簡単ですか? また、通常のRAIDディスクのようなRAIDの修復と再構築のような手間と危険を伴うオペレーションが必要でしょうか?
回答 Panasas のActiveStorは、自己マネージメント機能によって、障害が発生したブレードは自動的にシステムから切り離されます。 システムから切り離されたブレードは、シェルフから引き抜くことが出来ます。 引き抜いたブレードの部分に予備のブレードや交換したブレードを差し込むだけで、システムはそのブレードをシステムに自動で追加します。 ブレード交換は、何方でも行うことが可能な簡単なオペレーションです。
この時、RAIDの修復や再構築も自動で行われます。PanasasのActive RAIDは、RAIDの再構成をファイル単位で行いますので、 非常に短時間でその作業をオンライン中に終了することが可能です。

質問 Panasas ActiveStorのブレードの交換は簡単ですか? また、通常のRAIDディスクのようなRAIDの修復と再構築のような手間と危険を伴うオペレーションが必要でしょうか?
回答 NFSやクラスタNAS、その他のパラレルファイルシステムとの比較を説明した資料をご用意しています。 これらの資料については、弊社にお尋ねください

質問 PanasasのPanFSファイルシステムでの性能向上のための工夫や特徴は?
回答 PanasasのPanFSファイルシステムは、高い処理性能とスケーラビリティを実現するために、システム全体の’キャッシュ’を複数のレベルで有効に活用しています。Pa nFSファイルシステムを利用しているLinuxクライアントでは、Linuxのページキャッシュ、inodeキャッシュを最大限に活用し、 ファイル/ディレクトリデータのキャッシングを行っています。これらは、Linuxのカーネルが制御することになります。 また、その制御の動きは、他のファイルシステムと同じです。
メタデータサーバ(DirectorBlade)も、メモリをメタデータのキャッシュとして利用し、メタデータの処理の効率化を図ります。 DirectorBladeのメモリ(RAM)は、NFS/CIFSのゲートウェイとして利用する場合にも、キャッシュとして利用されます。
StorageBladeへのファイル/ディレクトリとオブジェクトレベルのメタデータの格納についても、StorageBladeのメモリがキャッシュとして利用されます。

質問 Panasasのクラスタストレージのデータ処理に関して、デモシステムなどを返却する場合、そのデータの消去に関して、Panasasはどのような方法でそのデータの消去を行い、データ>の完全な消去を保障するのか?
回答 *Securely Erasing a Single Blade*

Beginning with ActiveScale software 2.3, the Panasas storage cluster can erase all of the user data off of a given realm using a multi-pass erase process. Once started, the all of blades are reinitialized to factory default. Next, the blades are rebooted and the data partitions are written to three times.The first pass writes 0s to the data partitions;
the second pass writes 1s; and the third partition writes random data.
This procedure is typically performed on the whole realm. This procedure describes how to securely erase a single blade.

The secure erase process involves two major steps. The first step is to reinitialize the blade back to factory default. This puts a new filesystem on the blade but does not write to each sector to insure the data has been destroyed. The second step writes data in the 3 pass method described above. For this procedure to succeed, the blade must be in working condition.It must be able to boot and access both drives.
Drives that are taking ATA errors should work. However, it is possible that they have deteriorated so significantly that the process will fail.
  1. システムソフトウエアの再インストールと工場出荷状態への復帰
  2. システムの再起動後に、3度、全領域に対するデータの書き込み 

評価機などをご利用で、そのシステムを返却される場合には、この方法でデータの消去を行います。手順などは、マニュアル化されています。

質問 Panasasの製品仕様(サイズ、電源、電力など)のデータを教えてください。
回答 Panasasインストールガイドに記載されています。インストールガイドAPPENDIX B「 Panasas Storage ClusterSpecifications」をご参照ください。インストールガイド及びユーザガイドは、個別にご提供致します。弊社まで、お問い合わせください。

質問 ファイルサイズやボリュームサイズの制限値は?
回答 ファイルサイズは、クライアントOSが32ビットであるか、64ビットであるかに依存します。32ビットの場合、16TB、64ビットの場合には、 8192PBがDirectFlowでの最大値となります。ボリュームあたりのファイル数については、100M(100,000,000) が通常利用時の制限になります。(限界値ではありません) 
realm あたりのボリューム数の最大は、1200になりますので、realm あたりの最大のファイル数は、(100M x 1200) = 120,000,000,000 になります。ディレクトリあたりのファイル数の最大は、1,000,000になります。

質問 DirectFlowはFail-Over機能を提供しますが、NFSでもFail-Overできますか?
回答 PanasasのActiveScaleオペレーティング環境では、NFSのFail-Overをサポートします。これによって、DirectFlowでもNFSでもFail-Overが可能になります。

質問 PanasasをWindows環境から利用できますか?
回答 Microsoft® Windows® サポートを強化したPanasas ActiveStor® のオペレーティングシステム PanFS は、テクニカルコンピューティングアプリケーションに対して、高い性能と信頼性を提供します。 PanFSは様々なクライアントに対するシングルストレージとして利用可能です。

質問 データのマイグレーションやレプリケーションのソリューションはありますか?
回答 データのマイグレーションは、災害時の回復のためのツールとして、また、システムの運用管理上のツールとしても利用されています。
Panasasは、様々なデータの高速移動のためのツールやソフトウエアを提供可能です。これらについては、個別にお尋ねください。

質問 Direct Flow利用時にカーネルモジュールのロードが必要ですが、これは面倒です。カーネルモジュールなしでの利用は出来ませんか?
回答 現時点では、カーネルモジュールは必須です。ただ、Panasasは、カーネルモジュールの利用であり、Lustreのようにカーネル自身を変更する必要はありません。
Panasasでは、150以上のRPMで様々なLinuxに対応しています。
また、将来的には、pNFSの利用が一般化すれば、標準のLinuxでカーネルモジュールなしで利用できるようになります。

質問 Panasasでの自分のワークロードの評価で、期待した性能が得られません。性能に関する改善などのサポートは得られますか?
回答 Panasasでの性能を十分に発揮するには、いくつか重要な項目でのチェックが必要です。また、Panasasを利用するワークロードに関して、十分な性能を発揮するための検証項目などもあります。
Panasasのこのような性能に関する検証については、多くの経験と既存のお客様での実績や事例なども含めて、お客様に最適なソリューションの提案の準備があります。

質問 バックアップについて、Panasasはソリューションを持っていますか?
回答 Panasasのバックアップ手順は他のストレージと基本的には同じです。Panasasのバックアップに関する技術資料はホームページに掲載してあります。
質問 Panasas導入ガイドでは、DHCPを利用してブレードのIPアドレスを設定していると記述されていますが、 同一セグメントの他のDHCPサーバとの競合で問題になることはありませんか?
回答 Panasasのドキュメント等で、ストレージブレードのIPアドレスをDHCPで設定すると記述されていますが、Panasasは自分のストレージクラスタ内での IPアドレス管理用に独自のシステムを立ち上げます。これをpanDHCPと呼んでいます。 このpanDHCPは、使用しているポートもまた、その規格も通常のDHCPとは全く違うため、他のシステムとのDHCP競合は発生しません。

質問 故障したブレードを返却する場合のデータ消去の方法については、どのような方法が取られるのでしょうか?
回答 故障したブレードについては、"Securely Erasing a Single Blade"の方法でのデータ消去は不可能です。故障ブレードの修理・交換に関しては、次の3つのオプションの選択が可能です。
これらは、サービスの契約時に選択することになります。

    通常の交換作業
    • Panasasから交換する新しいStorageBladeを送り、故障したStorageBladeをPanasasに返送する
    HDDを取り外しての返送 (Secured Disk Program)
    • Panasasから交換する新しいStorageBladeを送り、故障したStorageBladeからHDDを取り除いた後、故障した StorageBladeをPanasasに返送する
    • 交換したHDDは、お客様が保持する
    StorageBladeの保持 (Secured Blade Program)
    • Panasasから交換する新しいStorageBladeを送り、故障したStorageBladeは、お客様が保持する

質問 内蔵バッテリについては、寿命があると思いますが、バッテリも保守対象になりますでしょうか?
回答 Panasasでは、3年毎のバッテリの交換を規定しています。
バッテリの交換は、オンライン中でも可能です。バッテリは、常に状況がモニターされています。 バッテリについては、弊社の通常サポートでは、保守期間中も有償交換となります。保守サポートにバッテリの保守も含んでのご提案も可能です。 詳しくは、 PanSelect サポートサービス (Panasas社サポートサービスプログラム) をご参照ください。

質問 Panasasはクラスタ向けのファイルシステムで、SMPシステムでは利用効果が少ないでしょうか?
回答 Panasas ActiveStorは、シングルノードからのIOでも高い性能が発揮できるように設計されています。 より多くのコアと大容量のメモリを搭載した大規模SMPシステムでは、カーネルスレッドによる並列処理により、より高いIO処理性能が発揮出来ます。
スケーラブルシステムズが販売するScaleMP社のvSMP Foundation については、vSMP Foundation を搭載したシステムに対する専用のDirectFlowモジュールを提供し、その最適なIO処理を実現出来ます。 詳しくは、弊社にお尋ねください


Copyright© 2005-2017 Scalable Systems Co., Ltd. All rights reserved.