▲ 先頭に戻る

HP2C 製品ソリューション
製品紹介と製品仕様をまとめたフリップブックです。
ダウンロード【9.3MB】
製品ニュースレター
新製品情報や製品の特徴などを製品ニュースとしてPDF形式で配布しています。
製品広告・チラシ
各製品の特長などを掲載した製品広告とチラシのご紹介です。
販売プログラム
製品のご導入に際してご利用いただけるプログラムと製品販売に関する情報をご提供しております。
ActiveStorシリーズ
Panasas ActiveStorには複数の製品ラインがあります。製品ライン毎のページで紹介しています。
資料ダウンロード
プレゼンテーション/データシート/技術解説書などのダウンロードが可能です。
CAEソリューション
PanasasのCAEでの活用に関するデータシート、技術資料、プレゼンテーションなどを公開しています。
Panasas FAQ
製品に関するよくある質問とその回答集です。
PanSelect サービス
Panasasのサポートに関してのご説明資料を掲載しています。
Panasas導入サポート
Panasaの導入時の作業をご説明した資料を掲載しています。
販売プログラム
製品のご導入に際してご利用いただけるプログラムと製品販売に関する情報をご提供しております。
アプリケーション関連情報
Panasas社は主要なアプリケーションベンダーと協力して、アプリケーションのより効率的な処理を可能とするソリューションの提案を行っています。これらのソリューションについては、Panasas社のホームページをご参照ください。


Panasas Industry Solutions > Manufacturing


CAEアプリケーションに関するPanasas社提供資料 Panasas利用による性能向上検証資料
お客様による事例紹介ビデオ
CD-adapco

映像は別ウィンドウで再生されます。


  


トップページ > Panasas スケールアウトNAS分野別ソリューション > CAE ソリューション
自動車、航空宇宙をはじめとする製造業では設計サイクルを短縮し、コストを削減することが求められています。一方、安全性や環境に対する配慮は、より高い要求に答えることが必要になります。また、厳しいビジネス上の競争に勝ち抜くためには顧客が求める高い品質と優れたデザインが必要になります。

このような要求に対して、必要とされるCAEシミュレーションにおいて、PanasasスケールアウトNASアプライアンスを活用することで、CAEアプリケーションのワークロードを劇的に改善し、生産性の向上を図ることが可能であることが実証されています。
クラスタと同じようにスケーラブルにストレージの容量を増設可能で、またクラスタに対して、単一のデータプールとしての運用管理が可能な共有ストレージが強く求められています。今後のハイパフォーマンス・コンピューティングにおけるストレージシステムは、より高速で管理が容易なものが求められています。Panasas スケールアウトNASは、そのようなハイパフォーマンス・コンピューティングのニーズに応えるストレージシステムです。

CAEシミュレーションでのファイルサーバとしてはネットワーク接続ストレージ(NAS)が、データの共有やそのマネージメントの容易さなどもあり利用されています。しかし、スケーラビリティやCAEアプリケーションが必要とするI/O性能の実現に関しては様々な限界とボトルネックが指摘されています。NASのデータ共有と管理運用の利点を持ち、その弱点であるスケーラビリティとI/O性能の限界を引き上げボトルネックの解消を実現するには、PanasasスケールアウトNASが提供するパラレルNFSは最適です。
▼ プレゼンテーション

PanasasスケールアウトNAS
製品の特長とCAE用途での利点

CD-ADAPCO社は、Panasasストレージシステムを導入することで、シミュレーションの高速化を図っています。 Panasasストレージは従来のネットワークアタッチトストレージ(NAS)のI/Oのボトルネックを解消するだけで なく、複数のユーザが同時に実行するシミュレーションにおけるI/O処理の干渉を解消することを可能としまし た。また、Panasasの高い信頼性と管理の容易さによって、全くストレージシステムを意識することなく利用する ことが可能で、ミッションクリティカルなシミュレーションのおいてもその価値を十分に発揮しています。
これらの事例も含めて、CAEシミュレーション用途でのPanasasスケールアウトNASの活用の利点などをご紹介します。
ダウンロード【4.2MB】

CAEワークロード最適化の課題/ストレージクラスタの価値  
PanasasによるCAEアプリケーションの実行環境の改善に関するソリューションの紹介資料を掲載しました。CAEシミュレーションでのPanasasスケールアウトNASアプライアンスの価値についてご説明した資料です。

ダウンロード【7.9MB】

補足資料 : 並列処理におけるIO処理の問題
アプリケーションの効率的な実行に関して、IO処理の並列処理が重要であることを事例も含めて補足的に説明した資料です。

ダウンロード【1.8MB】

スケーラブルなCAEシミュレーションのためのストレージテクノロジーについて

ここではLS-DYNAによるCAEシミュレーションでのこれらのテクノロジーの利用事例とその効果について評価を行いその結果を示しています。
ダウンロード【4.1MB】
参考資料 : JSOL LS-DYNA & JSTAMP Forum 2009資料 
ダウンロード【0.6MB】


▼ データシート&ホワイトペーパー

CAEワークロードに最適なスケールアウトNAS
CAE解析シミュレーションでは、マルチプロセッサ、マルチコアを活用したLinuxクラスタを利用することが一般的です。 高精度の解析モデルを用いたCAE解析シミュレーションでは、高い並列処理効率とシミュレーションの実行時間の短縮が求められます。 一方、導入されるLinuxクラスタの規模が拡大し、より高精度で規模の大きな解析シミュレーションを効率良く実行するためには、 システムのIO処理能力の向上が強く求められます。同時にCAEシミュレーションでは今まで以上に解析データ、 解析結果、可視化データなどのマネージメントとクライアントからのアクセスに関してもより効率の良いソリューションが必要になってきています。 これらのCAEシミュレーションでのファイルサーバとしてはネットワーク接続ストレージ(NAS)が、 データの共有やそのマネージメントの容易さなどもあり利用されています。しかし、 スケーラビリティやCAEアプリケーションが必要とするI/O性能の実現に関しては様々な限界とボトルネックが指摘されています。 NASのデータ共有と管理運用の利点を持ち、その弱点であるスケーラビリティとI/O性能の限界を引き上げボトルネックの解消を実現するテクノロジーとしてパラレルファイルシステムとグローバルネームスペースが注目されています。 ダウンロード【0.7MB】

CD-ADAPCO ENHANCES PRODUCT DESIGN WITH FASTER SIMULATIONS
ダウンロード【0.3MB】
PANASAS ACTIVESTOR AND STAR-CCM+
ダウンロード【0.3MB】
PANASAS ACTIVESTOR AND ANSYS

ダウンロード【0.3MB】
▼ CAEシミュレーションとプリ・ポスト処理でのコラボレーションソリューション

CAEシミュレーションにおいては、マイクロプロセッサのマルチコア化と一般商用製品を活用したクラスタシステムによる導入コストの低下によって、より多くのプロセッサコアを利用した並列処理が一般化しています。より多くのプロセッサコアを利用して、より短時間でより多くのシミュレーションを行うことで、製品開発の期間短縮、製品の品質向上を図ることが可能となってきていますが、NASシステムをこのようなクラスタで利用した場合、プロセッサコアを増やしてもより高速に処理することが出来ないという問題が発生しています。CAEシミュレーションでは、計算途中にもそのシミュレーションの途中結果やシミュレーションの一時ファイルが大量に出力されます。

CAEシミュレーションとプリ・ポスト処理でのコラボレーションソリューション

精密なシミュレーションを行うためには、より詳細なモデル化が必要となり、また、多くの物理現象を同時にシミュレーションする必要があり、出力されるデータは膨大になります。また、シミュレーションに際しては、そのシミュレーションの過程での計算結果が求められるため、更に多くのI/O処理が必要となります。同時に解析シミュレーションは、その結果をポスト処理しユーザが計算結果を解釈し判断する必要があります。このようなポスト処理や計算結果の確認には、クライアントのワークステーションやPCなどでシミュレーション結果のファイルにアクセスする必要があります。このようなクライアントからのシミュレーション結果へのアクセスがスムーズにユーザがストレスを感じることなく出来ることは、CAEシミュレーションの生産性の向上のためには重要となります。
▼ ベンチマーク

商用アプリケーションは,並列処理APIとMPIを採用することで,より多くのプロセッサコアを利用しての処理が可能となっています。しかし,並列度が高くなり,解析するモデル規模も大きくなるにつれて,以下のような問題が顕在化します。 FLUENTでの事例ベンチマークで,I/Oの逐次処理と並列処理の効果が評価されています。CPUのシステム規模を大きくするだけでは,ワークロードの処理効率を根本的に改善することは難しく,今後はI/Oも含めたシステム全体の並列処理が求められます。

Copyright© 2005-2017 Scalable Systems Co., Ltd. All rights reserved.