High Performance and  

  Productivity Computing  

  Products & Technology Consultation  

  by Scalable Systems Co., Ltd. 

  High Performance and  

  Productivity Computing  

  Products & Technology Consultation  

  by Scalable Systems Co., Ltd. 

  INNOVATE  

  FASTER  

  BETTER  

  AT LOWER COST  

  High Performance and  

  Productivity Computing  

  Products & Technology Consultation  

  by Scalable Systems Co., Ltd. 

  INNOVATE  

  FASTER  

  BETTER  

  AT LOWER COST  

  High Performance and  

  Productivity Computing  

  Products & Technology Consultation  

  by Scalable Systems Co., Ltd. 

  INNOVATE  

  FASTER  

  BETTER  

  AT LOWER COST  

▲ 先頭に戻る

HP2C 製品ソリューション
製品紹介と製品仕様をまとめたフリップブックです。
ダウンロード【9.0MB】
製品ニュースレター
新製品情報や製品の特徴などを製品ニュースとしてPDF形式で配布しています。
製品広告・チラシ
各製品の特長などを掲載した製品広告とチラシのご紹介です。
販売プログラム
製品のご導入に際してご利用いただけるプログラムと製品販売に関する情報をご提供しております。
CPU情報リンク
豊富な経験と知識を最大限に活用し最新のインテルプロセッサとチップセット、マザーボードを利用したシステム提案を行います。
搭載システム一覧
インテル Core i7 プロセッサとインテルXeonプロセッサを搭載したシステムについては、製品一覧をご覧ください。
性能ベンチマーク
インテル Core i7 プロセッサとインテルXeonプロセッサでの様々なベンチマーク結果をまとめた資料をご用意しています。
お見積依頼フォーム
製品やサービスのお見積もりなどお気軽にご相談ください。 お気軽にお問い合わせください。
サポート&サービス
製品保証とご提供サービスはお見積書に記載してご提案するか別途保守契約を締結します。
セットアップサービス
Linux または Windows のプリインストールもご要望に応じて対応します。
ソフトウェア開発環境
ソフトウェア開発製品の販売とソフトウエアに関するコンサルテーションやトレーニングなども提供します。
よくある質問と回答集
製品情報と製品ホームページ掲載情報に関して過去に寄せられた質問とその回答を、FAQとしてまとめました。
  


トップページ サーバ製品 > インテルプロセッサ > インテル Core i7-6950X プロセッサ

▼ インテル® Core™ i7-5960X プロセッサの特徴と製品仕様

インテル Core i7 プロセッサは、最も負荷の高いアプリケーションでクラス最高のパフォーマンスを発揮します。新たに 5,000番台のプロセッサ・ナンバーが与えられたインテル® Core™ プロセッサは、最新世代のアーキテクチャーを採用したインテル® ハイエンド・デスクトップ・プロセッサとして、最高峰の性能を求めるハイエンドユーザーのハイレベルなニーズを満たす製品です。

インテル® Core™ i7-6950X プロセッサ エクストリーム・エディション (開発コードネーム: Brodwell-E) は、その開発コードネームが示すとおり、基本的には LGA 1150-v3 ソケット対応の第 5 世代インテル® Core™ プロセッサ (開発コードネーム : Brodwell) のマイクロアーキテクチャー (プロセッサの内部構造、命令処理の仕組み) をベースに発展させたものです。そのため、インテル® スマート・キャッシュや、システムエージェント (チップセット機能) などをリングバスで接続するという特徴的な構造も引き継がれています。

インテル® Core™ i7 プロセッサ・ファミリーの機能を比較
プロセッサ インテル® Core™ i7-6950X プロセッサ エクストリーム・エディション インテル® Core™ i7-6900K プロセッサ インテル® Core™ i7-6850K プロセッサ インテル® Core™ i7-5960X プロセッサ エクストリーム・エディション インテル® Core™ i7-5930K プロセッサ
開発コードネーム Brodwell-E Haswell-E
対応ソケット LGA 2011-v3
動作周波数 3 GHz 3.20 GHz 3.60 GHz 3 GHz 3.5 GHz
アンロック対応
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー利用時の最大周波数 3.50 GHz 3.70 GHz 3.80 GHz 3.50 GHz 3.70 GHz
プロセッサ・コア数 10 8 6 8 6
スレッド数 20 16 12 16 12
インテル® スマート・キャッシュ 25 MB 20 MB 15 MB 20 MB 15 MB
PCI Express* 3.0 レーンの最大数 40 40 40 40 40
対応メモリー (最高) DDR4-2400 DDR4-2400 DDR4-2400 DDR4-2133 DDR4-2133
メモリーチャネル数 4 4 4 4 4
メモリー帯域 76.8 GB/s 76.8 GB/s 76.8 GB/s 68.3 GB/s 68.3 GB/s
TDP 140 W 140 W 140 W 140 W 140 W
統合グラフィックス 非搭載 非搭載 非搭載 非搭載 非搭載


インテル® Core™ i7-6950X プロセッサ エクストリーム・エディションでは、 前世代のインテル® Core™ i7-5960X プロセッサ エクストリーム・エディションで採用された LGA 2011-v3 ソケットを採用しているため、既存の「Intel X99」プラットフォームで利用することが可能です。
最上位モデルとなる「Core i7-6950X Extreme Edition」では,デスクトップPC向けCPUとして初めて10コア20スレッド対応となりました。
14nm プロセスによる微細化のメリットを活用し、従来のHaswell-E世代のプロセッサと比較して、8コア16スレッド対応のモデルでは動作クロックの向上を図り、最上位機種では、コア数を増やしています。
メモリとキャッシュについては、コア数の増加に応じて、共有L3キャッシュの容量を増やし、クアッドチャネルメモリコントローラがDDR4-2400対応となり,メモリバス帯域幅はHaswell-Eに対して約13%向上しています。
CPUコアの基本構造はHaswell-Eとは大きな変更はなく、既存のIntel X99プラットフォームで利用できるようになっています。

Brodwell-Eの型番末尾は、すべて「K」または「X」となっており、クロック倍率が可変なオーバークロック(OC)対応のプロセッサになっています。Brodwell-Eでは、従来のプロセッサでのオーバークロッ動作時の大きな障害となっていたAVX命令の実行時の動作の安定化を図るため、AVX実行時のクロック倍率の設定が可能となっています。また、オーバークロックに関して、コア単位のクロックアップなどもサポートされています。
▼ Intel Turbo Boost Max 3.0 (TBM3)

インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、プロセッサーの最速コアを特定し、最も重要なワークロードをそのコアに割り当てることで、シングルスレッド・パフォーマンスを最適化します。インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、インテル ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 のたんなる後継ではなく、さらなる進化を遂げた強化版で最速コアの動作周波数を大幅に引き上げることで柔軟性をさらに高め、プロセッサーの能力を最大限に引き出します。
インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 は、インテル Core i7 プロセッサー エクストリーム・エディションおよびインテル Core i7-69xx/68xx プロセッサー・ファミリーで利用可能です。ソフトウェアとハードウェアを組み合わせることで、シングルスレッド・パフォーマンスの向上が可能になります。
▼ オーバークロックに関する3つの新機能

コア単位でのオーバークロック (Per Core Offset)
従来のインテルプロセッサでは、最大動作クロックの倍率は全コア共通でしたが、Brodwell-Eではコア単位で最大クロックの設定が可能になっています。
AVX比率オフセット(AVX Ratio Offset)
Haswell-E世代では、「AVX」命令実行時は、Turbo Boost によるクロックアップに制限がありました。Brodwell-Eでは、AVX命令を実行する場合でも、定格以上のクロックで動作するように設定することが可能となります。
VccU電圧制御(VccU Voltage Control)
Brodwell-Eの場合、各CPUコアの電源共有は、レーンと呼ばれるインターフェイスで設定されていますが、このインターフェイスへのユーザアクセスが可能となります。これにより、各CPUコアの電圧を詳細に設定できるようになります。



参照URL: http://www.anandtech.com/show/10337/the-intel-broadwell-e-review-core-i7-6950x-6900k-6850k-and-6800k-tested-up-to-10-cores/2
ホームページについて | 免責事項 | 個人情報 | お問い合わせ | FAQ | 検索 | サイトマップ | Facebook | English
Copyright© 2005-2017 Scalable Systems Co., Ltd. All rights reserved.